必須ミネラルの働きと種類

yasai3

ミネラルの数は100種類以上もありますが、そのすべてを摂取するのは難しいです。そのため特に生命維持に欠かせない必須ミネラル16種類を食物やサプリで摂取するようにしましょう。この16種類は生命活動を維持する大切な役割を担ってはいるものの体内で合成することはできません。そのため外部から摂取する必要があるのです。

16種類のうち、7種類は体が正しく機能するように1日に100mg以上摂取する必要がある主要ミネラルと呼ばれます。カルシウムとリン・カリウム・硫黄・塩素・ナトリウム・マグネシウムです。これらを摂取することで骨や皮膚・歯など体を作ったり血液や尿の調整を行なったりするのです。

saiall

また、1日に100mg以下でいいですが摂取する必要のある微量ミネラルというのが9種類あります。貧血予防やコレステロール値を正常に保つ役割を担っています。

身体の調子が悪いときはビタミンやミネラル不足が原因の場合が多いです。ミネラルはビタミンの働きを助けるため、これが不足するといろいろな身体の不調として現れるのです。毎日、野菜や魚・肉や牛乳など幅広い食材をきちんと摂取して食材から摂るのがよいのですが、16種類すべてを規定量毎日摂取するのは大変です。最近はハウス栽培の食材も多くもともと含まれている量も減ってきているからです。
不足しがちなものはサプリメントで補うという手もあります。外食が多くて栄養が偏りがちという人は特にサプリメントをうまく活用して健康な体を手に入れましょう。厚生労働省でもそのうちの13種類について、日本人の食事摂取基準として摂取量の基準を示しています。

ただ、サプリでもドラッグストアやコンビニで気軽に手に入るものの中には摂取することで害になるものなどもあるので摂取方法には注意が必要です。原料の記載があって天然素材で作られているものでないと、個人輸入製品などで大きな副作用が出る可能性もあります。鉄分など採りすぎは危険なものもあります。ちゃんとした食生活が必要であり、それを補うものとしてきちんとした知識を持ってサプリ選びをする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>