オメガ3・オメガ6・オメガ9の違い

hozukawayui

脂質は、人間の身体にとって大切な栄養素であり、細胞膜を生成したり、エネルギー源の源として働く役割を担っています。

脂質には二つの種類があり、肉や乳製品といった動物性の脂肪酸に多い「飽和脂肪酸」とオリーブ油やコーン油などの植物性由来の「不飽和脂肪酸」です。
「飽和脂肪酸」はとりすぎると身体に弊害を起こすこともありますが、「不飽和脂肪酸」は摂取することにより、善玉コレステロールを増やすなど体に良い影響を与えてくれます。
さらに、この「不飽和脂肪酸」は、オメガ3、オメガ6、オメガ9に分かれています。

この中で、オメガ9は体内で作り出すことができるのですが、オメガ3とオメガ6は体内で作り出すことができず、食べ物から摂取する必要があります。
よって「必須脂肪酸」と呼ばれています。

それぞれ3つの特徴は、オメガ3の代表的な脂肪酸は、「α-リノレン酸」と呼ばれ、亜麻仁油、えごま油、チアシードオイル、青背の魚の油に含まれており、アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制、血管拡張に作用します。
一方、オメガ6の代表的な脂肪酸は、「リノール酸」でべにばな油、コーン油、ごま油、サラダ油、マヨネーズに多く含まれていて、悪玉コレステロールを減らす効果はあるが、反面、善玉コレステロールも減らしてしまうために、アレルギーなども促進してしまうこともあります。

ですが、不足すると皮膚状態が悪化したり、肝臓や腎臓などのトラブルの原因となってしまいますので、バランスよく摂取する必要があります。
最後に、オメガ9の代表的な脂肪酸は、「オレイン酸」でオリーブ油、キャノーラ油、アボガド油に含まれ、酸化しにくく加熱処理に向いています。
オメガ6と同様に悪玉コレステロールを減らす作用もあります。

3つの不飽和脂肪酸は身体にとって不可欠な存在です。
中でも、積極的に摂取したいのがオメガ3です。
普段の食生活で摂取できない方は、サプリメントを併用するのもよいでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>