厚生労働省の役割と妊婦と胎児の健康

akatetunagi

国は国民の健康を守るために様々なことをしています。厚生労働省がその役割を担っているのです。健康保険の適用で治療に掛かる負担を軽くしたり、各種の予防接種を行い病気を未然に防ぐことに努めたりと、国民の健康のためにあらゆることを行っています。そして妊婦、そして胎児の健康に関することもそうです。葉酸が妊娠している女性に必要と言われています。これは胎児が神経管閉鎖障害、所謂ダウン症にかからないために、妊娠した女性の葉酸摂取が重要になっているのです。この事情は外国の方が深刻です。

神経管閉鎖障害の発症の確率が日本より高く、そのためにその対応策も日本より進んでいました。最近になって日本も神経管閉鎖障害に注目する様になり、ようやく対応にも行動的になってきたのです。労働厚生省では母子手帳にも葉酸の摂取の症例を載せていますし、各方面で胎児にとっての葉酸の重要性を発信しています。わが国でも先進諸国同様に高齢出産が増えてきています。

zibundekiru

そのために神経管閉鎖障害の発生率が上がることが懸念されています。国も推奨していますし、外国では医学ではっきりと葉酸の摂取が神経管閉鎖障害の発症を抑えることを証明しています。ですから妊娠した女性は葉酸の摂取を積極的に行いたいものです。もちろん日常生活の中で野菜を摂ることで、葉酸はある程度摂取はできます。

しかし、実際に葉酸という成分がどれくらい摂取出来ているかは疑問です。妊娠した女性は明らかに葉酸が必要なわけです。特に妊娠初期の女性には確実に、そしてある程度の量が必要です。そこでサプリでの摂取が注目されているのです。これから妊娠する可能性のある女性は早くからこのことを考えるべきでしょう。インターネットで葉酸のサプリをチェックするのも良いですし、ランキングサイトを参考にするのもいいでしょう。また
厚生労働省もサプリなど健康食品にかんして動いています。「特定保健用食品」の認定です。いくつのも項目をクリアしたものだけを認定しているのです。どのサプリを選んでいいのか迷ってしまうでしょう。そんな時には、労働厚生省が認定した「特定健康食品」から選ぶのが安心できるでしょう。

神経管閉鎖障害、所謂ダウン症の症例は外国に比べて日本は少ないものでした。しかし、最近は日本の女性の結婚、そして妊娠は高齢化してきたことに伴い、神経管閉鎖障害の発症率は以前と比べて高くなっているのです。そこで葉酸サプリです。
葉酸を一定量摂取することにより胎児がダウン症になる可能性を下げることができると言われています。母体のためというよりは胎児のために毎日のむことが大事なのです。胎児のための栄養と言われる葉酸ですが、一般の人でも葉酸を摂ることで健康に良い影響を受けることができます。特に血液にかんしての効果が期待できるのです。貧血に良い、また血管年齢が若返るとも言われているのです。

血管の老化はいろんな病気を引き起こします。例えば動脈硬化や高血圧などです。これらの疾患は成人病のい代表的なものですね。葉酸は妊娠した若い女性だけでなく、成人病がそろそろ気になるような年代の人にも効果を挙げると言っていいでしょう。葉酸は必要量以上のものは体外に排出されます。ですから、一度に大量に摂ってもそれほど効果は変わらないのです。適量を毎日摂ることで、妊娠した女性の胎児に、また成人病を予防したい人に効果がきたいできるのです。価格もそんなに高くはありません。一度試してみることをお勧めします。葉酸は若い人よりは、成人を過ぎた女性から高齢の男性にとって必要な成分と言えるでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>