脂質異常症とその他の病気

脂質異常症とは、血液の中に含まれる脂質の割合が非常に高い、あるいは低い症状のことを指しますが、通常は脂質の割合が非常に高い場合のことを指すことが多いと言えます。この脂質異常症そのものは、症状を指す言葉であって病気の名前ではない訳ですが、これが原因となって他の病気を引き起こすことがあると考えられています。そして、その代表的なものは動脈硬化症です。それでは、脂質異常症がどのようにして動脈硬化症を引き起こすのかと言いますと、脂質異常症とは血液の中に含まれる脂質すなわちコレステロールの割合が異常に高い状態ですから、この状態が続きますと血管の壁に徐々にコレステロールがたまってくることになります。

そして、このコレステロールが血管の壁に積み重なっていくことによって、血管中の血液の流れが悪くなり、これが動脈硬化症という病気を引き起こすこととなります。更に、コレステロールの残骸が完全に血管をふさいでしまえば、人間の命を奪ってしまうことにもなるのです。すなわち、この動脈硬化症が更に進行する事によって、脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な病気となるわけなのです。脳梗塞とは、脳内の血管が詰まってしまうことであり、心筋梗塞とは、心臓の冠動脈の血管が詰まることです。脂質異常症は、このように重篤な病気を引き起こすものですから、血液検査によって脂質異常症と診断された場合には注意が必要です。しかし、健康診断日の前日の食事が脂質成分の高いものであった場合や、診断の直前に飲食をしてしまった場合などは、健康であるにもかかわらず脂質異常症と診断されてしまう場合もあります。また、脂質異常症であっても、それが原因で病気が引き起こされるまでにはかなりの年月がかかることから、なかなかこの症状と自身の病気とを結び付けることは難しいと言えます。ですから、日頃から自身の飲食内容をチェックして、定期的に運動をするなどの健康管理が大事になってきます。

参照:高脂血症(脂質異常症)の食事・原因・症状ガイダンス

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>