過去のサプリによる健康被害事例

nagahozue

今、多くの方が健康維持のために使っておられる【サプリ】。そんな健康補助食品として知られているサプリにも副作用が見られるのでしょうか。そのような現状の中で実際に健康被害にあわれた方もおられると聞きます。実際にサプリでみられる健康被害にはどのような事例が報告されているのでしょうか。その一例として次のような事例が報告されています。まず配合されている内容に【合成栄養素や増粘剤を多く用いられていること】があげられています。

またビタミンやミネラルが豊富であるとして高価格で売られている中で、実際はわずかな量しか含まれていないことなどがあります。本当にひどい話だと言えるでしょう。しかし、世の中で売られているサプリのほとんどに有害物質が含まれているのが現状なのです。その結果から【病気を予防】するつもりが逆に【健康被害にあう】ことがままあります。このようなことが許されていいのでしょうか。

今、言われている事実は【販売されている商品の90%は成分表にかかれている量は実際は入っていない】ということです。記載されている成分を信用し摂取されても、本当に正しい成分量が入っているかどうかは体で感じ取るのは難しいものです。サプリの効果を信じて飲用されている方も多いでしょう。また、製造する会社側も経費を抑え、また売り上げを伸ばすために輸入した単価の安い原料を用いていたことなどの報告もあります。もし、そのようなことが発覚した場合は料金着払いの上、自主回収という形をとっておられる会社も少なくありません。

さらに報告されている内容の中には、副作用から肝障害を起こし、数名の方が死亡する事件もおきています。それ以外にもアレルギー症状などの副作用としてみられることもあります。サプリという健康維持食品は発売された当時は、とても人気が高く多くの方が買われます。販売する側の立場としては、健康食品に含まれていいものか医薬品としてとりあつかわれるべきものかをきっちりと区別して商品の製造をすすめるべきではないでしょうか。今あげたポイントを見定めてサプリを購入されるといいでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>